役員紹介

砥綿 千恵

CHIE TOWATA

理事長

司会業やWEB制作等の広報の職業経験を生かし、現在は、食のイベントやお土産物などのコーディネートを手掛ける。 ヘルシー&ビューティーフードアドバイザー。

ラジオ体操指導員。

 

猪熊裕行

HIROYUKI INOKUMA

理事

グラフィックデザイナー これまで数多くのデザインを手掛けて来た熟練デザイナー。 その実績から、川上村で行われているフォトコンテスト「川上村の情景」で第一回から審査員を務める等、幅広いアートの分野で活躍している。

    米倉 卓也

    TAKUYA YONEKURA

    理事

    一級建築士 温浴施設の設計業務にかかわって30年、全国で200件以上の経験と工事実績を誇る。温浴施設設計のプロフェッショナル。設計士の観点から常に斬新なアイデアで街づくり事業や商品開発に携わっている。

    • Twitter

    岡村 猛

    TAKESHI OKAMURA

    理事

    奈良県南部のスペシャリスト。 地域の声を聞き、お土産物や特産品を多くの人に広めることに力を入れる。

    国会議員秘書を経て、現在は、DFAでは、事務局長を務める。

     

      上林 久美子

      KAMBAYASHI KUMIKO

      理事

      コミュニケーションデザインのスペシャリスト。 これまでの秘書経験から、コミュニケーションの大切さをアドバイスする。

      DFAでは、理事長と共に女性目線の商品開発や事業展開を企画する。

       

        市本 貴志

        ICHIMOTO TAKASHI

        理事

        誰もが安心して暮らせる社会を目指し、多くの人の声を聞き、困りごとを解決するために日々奮闘している。 天理市を中心にお年寄りや子供たちとの事業を展開。

        DFAの設立当時からのメンバー。

        花井 正明

        HANAI MASAAKI

        顧問

        元旅行代理店出身の旅行のスペシャリスト。 代理店時代は、奈良市の観光事業にも数多く関わっており、その経験から、DFAでは、特に外国人が喜ぶ体験やお土産物開発などインバウンド事業のアドバイスや提案を行っている。

          理事長挨拶

          理事長 砥綿千恵

          私たち「地域の未来創造機構」(DFA)は、奈良県全域の発展や文化創造に寄与するため 、地域活動のサポートや、産学連携による相互発展の支援、また国際文化交流の企画・運営を計画し実行しています。
          これまで、地域の未来創造に関する支援活動として、地元の皆様や自治体等の協力を得て、高品質の奈良県産イチゴ「古都華」の普及事業や大和茶のブランド化促進活動、また奈良の伝統文化の紹介をして参りました。

          また 、『日本の良さを国内のみならず海外にも発信していく』事をコンセプトにさまざまな地域の伝統ある生産物や特産品、また高い技術を持った工業製品など、歴史、街並みを若者たちとの国際交流やインターネットなどを通じて広く紹介し、地域をさらに元気にしていきたいという考えから、2014年には、海のシルクロードの重要な港があったアラビアンナイトの国オマーンの学生を奈良の学生と交流する事業の企画を行い、以来、オマーンの若手実業家やタイからの高校生、大学生の若い世代と関西の若い世代を結びつける交流事業を行っています。
          また、2016年度には、バンコクで行われたジャパンエキスポタイランドで、2017年にはオマーンの首都マスカットで約1カ月間行われる中東最大規模の祭典マスカットフェスティバルで、奈良県の特産品である大和茶を始め、伝統文化の紹介を行い、これらの活動は現地のメディアでも多く取り上げられ今後も期待される事業となっております。

          これらの経験を生かし、賛同していただける皆様と共に今後も日本発祥の地「奈良」から、多くの人を元気にする事業取り組んで参りたいと思っています。

          一般社団法人地域の未来創造機構
          理事長 砥綿 千恵